戸建ての悩みは住まいのプロに相談しよう

戸建ての悩みは住まいのプロに相談しよう

住宅ローンの審査

マイホームを手に入れるには、何よりも資金が必要です。
ですが、何千万円もの費用を一括で、現金で支払える人というはそういないと思います。
多くの人が、マイホーム購入のために住宅ローンというものを組んで、それで購入する人が多いと思います。
ですが、この住宅ローンというのは、誰もが借りられるものではありません。
住宅ローンを借りるためには、まずは、貸しても良い相手かどうかということを審査されます。
この審査を通過しなければ、ローンの許可というのは下りません。
ローンの審査というのは特別な機関が担当しているので、ローンの申請を出した銀行などが審査をするのではありません。
そのため、審査が落ちた理由を銀行などにきいても、銀行側としてはわからないということになります。
ですが、審査が通らないことの理由として考えられるのは、ひとつは、過去にカードなどの支払いで滞納していた経験があるということや、現在、他にも多額の借金を抱えているということ、また、勤めている会社が不安定だと判断された場合や、収入が少ない場合などです。
こういったことが考えられる場合は、現在の状況が改善されるまではローンの許可がおりることはありません。
戸建ての家を建てたい場合や、マンションを購入したい場合は、いろいろなことを工務店やハウスメーカーの人たちと打ち合わせをして、その途中でローンの審査というものをすると思いますが、審査が通らなかった場合は、そこで家を持つという行為は終わりになります。
収入が少ないということ以外では、大抵の人が住宅ローンというのは下りると言われています。
それが下りないということは、それなりのお金のトラブルが過去にあったということです。
中には、ご主人は審査が通らなかったということに心当たりはあるけれど、奥さんにはかくしているというケースもあるようです。
やはり、若い頃のお金のトラブルというのを奥さんには知られたくないという人が多いからだと思います。