戸建ての悩みは住まいのプロに相談しよう

戸建ての悩みは住まいのプロに相談しよう

屋根裏部屋の活用法

自分がマイホームをもったら、屋根裏部屋を作りたいという人は多いのではないでしょうか。
ちょっとレトロな感じがして、シャビーな感じのインテリアなどが好きだという人にとっては、とても魅力的な空間だと思います。
屋根裏部屋というものを実際に設置されているご家庭は多いようですが、その使い方が、当初の予定通りに使用しているという家庭は少ないようです。
屋根裏部屋の活用法で多いのは物置部屋としての使用です。
収納場所に困ったものを、とりあえず屋根裏部屋に置いておこう、という考えで、収納スペースとして使用している家庭が多いようです。
屋根裏部屋というのは、夏は熱がこもりにくいので、火気厳禁と書かれているものはおくことができません。
屋根からの熱がそのまま屋根裏部屋にこもりますので、非常に高温になります。
三角屋根に比べて陸屋根は家の中に熱を通しやすいと言われていますが、三角屋根であってもその真下にある部屋は熱が非常にこもりますので、置く物には注意しなければいけません。
ですが、中には屋根裏部屋にエアコンなどを設置して、ひとりになりたい時に使用する部屋として使用している人もいます。
家族で住んでいると、ひとりになりたい時でもひとりになることができないことが多いと思います。
かといってクローゼットの中などに入るわけにはいかないので、戸建ての家の場合は屋根裏部屋というスペースが一番安心できる場所ということです。
このように、屋根裏部屋を、きちんとした部屋として使用したいという場合は、建築のときから、その部屋に電気を通して、エアコンなどが取り付けられるようにしたり、電気が通るようにしたりしておくということが大切です。
きちんと使用できるように準備しておくということが、屋根裏部屋をただの収納庫としてしまわないようにするための方法として有効だと思います。
屋根裏部屋を自分が楽しんでいる趣味の部屋として使用するのも良いのではないでしょうか。