戸建ての悩みは住まいのプロに相談しよう

戸建ての悩みは住まいのプロに相談しよう

地盤調査とは

家を建てるという際には、さまざまなことをクリアしていかなくてはいけません。
提出しなくてはいけない書類や、調査しなくてはいけないことなども多くあるため、すべきことで頭がまわらないということもあるかと思いますが、その中でも土地を購入し、その土地に戸建ての家を建てるためにはしなくてはいけないことがあります。
それが地盤調査です。
地盤調査というのは、その土地がどれほど強度を持っているのかということを調べることです。
土地にはそれぞれ、地盤が強い、弱いということがあり、それが、その上に家を建てる際にも、その家の安心度を左右するといわれています。
そのため、その土地がどれほどの強度があるのかということを調べるということがとても大切になってきます。
地盤が強いところと言われているのは、もとが山だった場所です。
山をけずってつくった土地というのは、地盤が非常に固く、地盤の補強が必要ない場合が多い土地といわれています。
逆に地盤調査の結果、地盤が弱い場所であると言われることが多いのが、田んぼを埋め立てた場所や、海や川といったところを埋め立てて作られた土地というのは、地盤が弱いといわれています。
やはり、水を含んだ土地というのは、地盤が弱くなってしまうのだと思います。
地盤が弱いと診断された場合は、その土地の地盤を強くするために、杭を何本も埋めて、補強をしなくてはいけません。
その補強の費用というのは施主が負担しなくてはいけませんので、土地の補強代というのがかさんでしまうと、家にかけられる予算がけずられてしまうということもあります。
購入した土地の補強をするために何百万円も支払うというのは嫌だということで、多くの人は、土地の地盤が固いところに戸建ての家を建てたいという希望を持ちます。
現在、家を建てようと思っている場合は、購入予定の土地がどういったものなのかということを調べることが大切です。
もとが水に浸かっていた場所というのは危険です。