戸建ての悩みは住まいのプロに相談しよう

戸建ての悩みは住まいのプロに相談しよう

液状化に悩まされないために

地震がおこった際に、テレビのニュースなどで住宅地に液状化の現象が出てきている映像を見て、その事態に不安を持った人も多いと思います。
これまで、自分の家が建っている土地から水などがわいて出てくると思わなかったと思います。
ですが、一見、アスファルトで整地されて、頑丈につくられていると思われていた住宅地の下から、とまらない水がでてくるということは、決してないことではないということが解ってきました。
特に、昔に整備された土地や、もとは海だった場所やぬかるみだったところを埋め立てて住宅地としている場所の場合は、地震などで地面が隆起したことによって、その割れ目から水がでてきてしまい、土地が液状化してしまうという現象を引き起こしてしまいます。
戸建ての家というのは、土地から選んで建てる人が多いと思いますが、その土地がかつてどういった場所であったのかということを注意して見るという人は少ないようです。
ですが、現在はキレイに整地されていて何の問題もないように見える住宅地であっても、その昔にそこは田んぼであったという場合は、他の土地に比べて地盤が弱いということもあります。
最近では地盤の強度を高めるために杭を何本も埋めて補強をするということをしている場合が多いので安心度は上がりましたが、それでも、やはり将来的には何かしらの不安がのこります。
そのため、将来、そういった事態にならないように、その土地がある場所は、昔はどういった場所であったのかということを調べて、購入されると良いと思います。
液状化の被害にあってしまった場合は、まず、傾いてしまった家をなおさなくてはいけません。
業者にクレーンなどを使って持ち上げてもらうということをしなくてはいけないため、費用がとてもかかります。
また、一度直しても、再び地震などが起こった場合はまた液状化によって家が傾いてしまうということもあります。
そういうことを防ぐためには事前の確認が大切です。